もうグンナイ

 

こんにちはマイコーです

いやはや夏はすぐそこですね

 

最近私たちは某曲のミュージックビデオ撮影に勤しんでおります

 

先週はそのエキストラ撮影がありました

前々から募集をかけていたのですが、ありがたいことに沢山の方が協力してくれました

足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました!

 

ライブとは違い、完全に「協力してもらう」という、もう、ライブとは意味合いがまるで違うものなので、慣れないことで流石のマイコーもドギマギでした

 

撮影の合間合間に空き時間が多かったので、わざわざ来てくれてるのに退屈な思いさせたら悪いなあ、、とか考えて気負った結果、めちゃくちゃベラベラ喋っちゃいましたね 半ばワンマントークショーみたいになってました

だっせーな〜全然ロックじゃね〜と思いつつ、、

 

まあでも意外と昔から人前で喋るのは好きですね

なんかみんな優しいんです

死ぬほどつまらないこと言っても、ニコニコ笑ってくれるんです

全員仏様でした

 

エキストラはツイッターでアホみたいに毎日毎日告知してたんです、こんなん誰が見んだよ、と思いながら…

 

f:id:shirokumapikasoz:20170702222344j:image

 

これは告知の際にSNSにあげていた写真

どうですかこの無理した笑顔…

 

そしたら、思いがけず、面識のない方々からたくさんの応募があり。

その方の多くは、都内とか、撮影場所である藤沢からは遠いところからわざわざ足を運んでくれた方が多かったようです

 

こんなありがたい話はありません

もちろん、必死こいて半ば無理やり呼んだら来てくれた藤沢の友達もたくさんいました

本当にありがとう!

 

最後にやったライブの音源は、近日中にみなさんにお送りします。参加してくれた人へ限定です。お待たせしてすみませんがもう少々お待ちを…

 

そしてこの日お配りしたこの缶バッチをご持参いただくと、特別割引価格で入場してもらえますので、忘れないでね↓

 

f:id:shirokumapikasoz:20170702224311j:image

 

まずは予約をください!エキストラに参加した旨も書いてくれたら見落としがなくて済むのでありがたいです

勿論、エキストラ行けなかったけどしろくまつりは…っていうそこの君も、待ってるぞ

予約📩shirokumapikasoz@gmail.com

 

 

ちなみにがしがこの日のために色をつけた限定ステッカーはこんな感じでした↓

 

 f:id:shirokumapikasoz:20170702204133j:image

 

美大生にも関わらず、イラストレーターという文明の利器に頼らずにあえて手描きで色をつけてスキャンするという実に面倒な作業にこだわった模様です。素晴らしい心意気ですね…

 

 

撮影を行ったGIGS SHONAN FUJISAWAといえば、私の地元は湘南で。ここは私の今の職場でもあります

 

ここは三年ほど前に移転していまの場所になりお店の名前も変わり、私はそれから働くようになりました

以前はクラブトップスという店名で、私はその時代からずっとそこに入り浸り、死ぬほどカッコイイ音楽をやってる先輩たち…=究極に意地悪で愛すべきブラザーたちに懐きまくったり、当時の店長に飲みに連れて行ってもらったり、暇になれば(暇じゃなくても)何の用も無いのに寄っては何時間もスタッフの仕事を邪魔して駄弁り、要するにこれでもかというほどに可愛がってもらい、まさしく自分を育ててもらった場所なのです

 

当時学校が嫌いで嫌いで仕方なかった自分にとってトップスは唯一の居場所と言えました。誰も学校行けとか就職しろとか言わないし

 

なんでそんなに入り浸っていたかというと、かつて藤沢には、死ぬほどかっこいい音楽をやってる先輩がわんさかいたからです

かっこいいと一言で言うのもなんか分かりづらくてアレですね、要するに皆揃いも揃って本物のロックンロールのバイブスを持つ人ばかりでした

 

これって超凄いことなんですよね

これまで高校生のときから数えておそらく東京で100本以上ライブをやってきて、自分も客としても足繁くライブハウスに足を運んできましたが、純粋に「かっこいい」人たちに出会うことなんて、はっきり言って超稀なことだと断言できます

そして50s〜60sのロックンロール、ロカビリーを本気で愛していることがヒシヒシとわかる自分くらいの世代の人なんてなかなか出会いません

 

そういうロックンロールを心底愛する風潮が当たり前のように、かつての藤沢にはありました みんな自分と大して歳も変わらない人たちでした

 

その中には今やもうCMにメディアに引っ張りだこ、知らない人なんていない、くらいのレベルで有名なあんな人やこんな人もいます。結構たくさん

有名になりすぎてもう名前出せないんですけどね

 

とにかく当時はまだ全くの無名だったそういう人たちも含め、そういう空気に自ずと最初から包まれていた自分は非常に恵まれていたなと思います

 

学校をサボってはカッコイイ先輩たちのライブをトップスへ観に行ったり、自分もギターを持って歌っていました(だから大学落ちたんでしょうね)

 

だからその場所であの撮影をできたこと、遠くからネットやなんやで知ってくれ沢山の人が来てくれたこと、全てが繋がり、実にエモーショナルでした

 

ギグスのスタッフも最高の仲間です

朝の8:30入りという、これを読んでる皆さんにはピンとこないかもですが、マジで普通だったらあり得ない迷惑なタイテにも嫌な顔せず付き合ってくれて、全部何から何までやってくれました 本当にありがとう!

 

ということで、地元愛を一方的に語り尽くし、ありがとうありがとうと言うのも良いんですが、恥ずかしくなってきたし、別に平和主義者とか偽善者じゃないので私…馴れ合いとか嫌いなので…つまるところ、全員ボコボコにしたいです。

愛してる人たちにも、絶対負けないんで。

 

 

 

 

まあそれはさておき、もひとつ地元絡みのお話。8/20に初ツーマンを行います!!!!

やったー!!!!!!

 

f:id:shirokumapikasoz:20170702203821j:image

 

場所は渋谷ルビールーム、地元ではなく私の出生地渋谷区。渋谷区広尾日赤病院で生まれました!まあそれもどうでもよくて、大事なのは、このツーマンのお相手のCIBBYS。

 

彼らは私にとってひときわ特別な存在です

白熊ピカソズが人生で初めてクラブトップス藤沢でライブをした、その時の対バンに、今はなき「サイゴは蜂の巣」というガレージパンクバンドがおりました

ツインギターベースレスのスリーピース、なのに、低音がヤバすぎ、爆音過ぎ、耳痛すぎ、顔が怖すぎ、、

 

まあ、一言で言うと彼らは「私の人生を狂わせた」のでありました

それまでの人生で一番凄いものを見てしまった、そんな感じでした

 

そのボーカル、藤本慎平がサイゴは蜂の巣解散後組んだバンドがCIBBYSでした

 

そして慎平さんの横でアホみたいに爆音のギターを吠えらせまくった挙句、解散直前慎平さんの片耳から聴覚を奪った(それが原因で解散したわけではないしこれそもそも言っていいのかわかんないやつ)という噂の伝説の男が、この日のDJ TeeDee。

 

↓5年くらい前の私とTeeDee

f:id:shirokumapikasoz:20170702222148j:image

 

あとはもう、この日その場で目撃してください。説明はしません。 

 

7月のライブ予定はこち

7/12 新宿JAM

7/20 四谷Outbreak!

7/27 池袋Adm

 

全て予約はshirokumapikasoz@gmail.comまで!

マイコーと握手!

f:id:shirokumapikasoz:20170702230127j:image